スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

新国立競技場にまたまた問題発生 木造のため聖火台が設置できず

1
 
2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の現在の建設計画では、聖火台を競技場の上部などには設置できない可能性があることが3日、複数の関係者の話で分かった。スタンドは木材が使われる屋根で覆われる構造となっており、消防法上、問題となる懸念があるという。

現在の計画は建築家の隈研吾氏らのグループが手掛け、既に設計が始まっている。大会組織委員会は同日夜に政府、東京都など関係組織のトップで構成する調整会議を開き、対応を協議する。

夏季大会では聖火台は通常、競技場内にあり、1964年東京五輪では旧国立競技場のスタンド上部に設置された。開会式の目玉の演出となる20年大会の聖火の点火方法は、組織委が大会に向けて検討するが、その選択肢が制限される可能性もある。

政府関係者は「事業主体の日本スポーツ振興センター、政府、組織委など関係機関の意思疎通が悪かったことが原因」と述べた。

http://www.sankei.com/sports/news/160303/spo1603030033-n1.html
スポンサーサイト

コメント

だから組織委員会の馬鹿どもを全部首にしろよ。
歴史に残る馬鹿達だなww
URL| 名無しさん# 79D/WHSg[ 編集 ]
 
この設計家、あかん…。
そこまで考えて設計しない?普通は
あと発注側もちゃんと仕様に盛り込んでおくべき事だと思うんだけど…。
この国のデザイン系ってのは一体…。
URL| 名無しさん# 79D/WHSg[ 編集 ]
 
この関係者は生きてて恥ずかしくないのかな
馬鹿過ぎない?
URL| 名無しさん# 79D/WHSg[ 編集 ]
 
消防法に引っかかるだけで、建物の木材自体は燃えない、そういった加工がされる。

しかしその加工に使われる薬剤と、張り合わせる接着剤がどれくらい持つのか未知数
木材自体は百年単位で持つんだけどなw
URL| 名無しさん# 79D/WHSg[ 編集 ]
 
聖火台の場所は舞台演出家?とかと話し合って決めるって話してる映像を今日のニュースで見たけど…。(映像自体はだいぶん前の会見のものだと思う)

またねつ造?
URL| 名無しさん# 79D/WHSg[ 編集 ]
 
そういやもう1つの案の方も聖火台は示されて無かったな。
募集要項に聖火台は含まれてなくて、JOCで別途企画するとおもわれてたんじゃねえの?
スタジアム内に置くより、屋外の地上レベルに設置して誰でもその火を貰えるように柵を設けるとかするのも良いかも。
URL| 名無しさん# 79D/WHSg[ 編集 ]
 
酷すぎる・・・
韓国を笑えないだろこれ

URL| 名無しさん# 79D/WHSg[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://ninshin7.blog.fc2.com/tb.php/511-a6f9dec1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。